聞こえにくいと感じたら 補聴器比較ホームページ

聞こえのチェック

ご自身の聞こえが現在どの程度なのかは、とてもわかりにくいとも思いますし、ましてや他人にはなおさらわかってもらうことは非常に難しいと思います。そこで簡単なチェック方法をご紹介したいと思います。日常生活の中で下の項目に当てはまるかどうかをチェックすることでご自身の聞こえの状態を知ることができます。


  • ・家族の方からテレビの音を上げ過ぎといわれる

  • ・話していて声は聞こえるのに、言葉として聞き取りづらくなる

  • ・会話をしているときに聞き返すことが多くなった

  • ・病院や郵便局など公共の場で少し離れたところから名前を呼ばれているのに気づかないことが増えた

  • ・電話の呼び出し音や玄関のチャイムなどが聞きづらくなってきた

  • ・歩行中などに車が近づいてきたことに気づきにくくなった



上の項目に当てはまるものがある方は一度耳鼻科などで聴力測定を行うことがよろしいかと思います。聴力測定は気軽の行えるものですので、あまり肩肘張らずに一度試してみてはいかがでしょうか。


こんなことがあれば気軽に聴力測定へ

自分の聴力がどの程度のものかは知る機会もないですし、わかりにくいものです。下のチェックで思い当たるものがあれば聴力測定へ行くことをおすすめします。聴力測定へ行く場所ですが、めがね屋などの補聴器を扱っているところでも行えますが、めがね屋などでは補聴器のセールスを迫ってくる場合もあるので耳鼻科医で聴力測定をすることをおすすめいたします。

会話中に聞き返しが多くなった。

病院や銀行などでアナウンスに気付かない。

テレビの音が大きい(大きくなった)といわれる。

路上などで車が近づいてきたことに気付くのが遅い。

玄関のチャイムや訪問者に気付かなくなることがある。

電話に出るのが億劫になる。

大きな声で正面から話されても聞き取れないことがある。

電話が鳴っているのに気付かないことがある。

音は聞こえているのに言葉がハッキリしない。

早口が聞き取りにくい。

気軽に聴力測定へ

s01.jpg

ご自身で「最近聴こえにくくなったかな?」お感じになったり、周りの方から「聴こえにくいですか?」など言われたときなどは、まず耳鼻科で受診してみるのがよろしいかと思います。

受診といっても構える必要はありません。受診というから堅苦しいのかもしれませんね。実際に耳鼻科に行っておこなうことは聴力測定になると思います。まずは自分がどのくらい聞こえにくいかを知ることから始まります。「どのくらい小さい音が聴こえるか」、「ことばがどれだけ聴き分けられるか」といった測定をすることになると思います。

これによってご自身の聴こえの状態や、難聴の種類などが診断されます。原因によっては、治療で聴こえが回復することもあります。診断によって難聴であるとされた場合に、補聴器の使用をお考えいただくのがよろしいと思います。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。