聞こえにくさの種類 補聴器比較ホームページ

難聴の種類には伝音難聴・感音難聴・混合難聴の3つがあります

聞こえにくさの種類(難聴の種類)は原因になる耳の部位によって、外耳から中耳にかけての部位が原因の伝音難聴・内耳から聴神経、脳にかけての部位が原因の感音難聴・両方にまたがる部位が原因の混合難聴の3種類に分けられます。

伝音難聴はその名の通り「音」を「伝える」ところに原因とする難聴で、外耳または中耳の傷害に原因がある場合が多いものです。中耳炎等で鼓膜に穴があいたり、生まれつき外耳道が塞がっていたり、耳の外側部分が原因で、音が伝わりにくくなるものです。この難聴は治療によって聴力改善の可能性がある場合があります。

感音難聴は音を聴き分けるところ、つまり音の振動を判断する内耳側の周波数ごとに反応する感覚細胞の機能低下、感覚細胞から脳へ信号を送る際の神経の障害が原因の難聴です。外耳から入ってきた「音」を聴神経や脳の働きで必要な音と必要でない音に分けたり、複数の人間が同時に話している状況で特定の人の声を聴き分けるなどの処理を行っています。加齢により細胞が減少による難聴、や各種病気や抗がん剤のような薬の副作用で神経が破壊されることが原因です。突発性難聴、騒音性難聴なども感音難聴です。聴き分けるという部分での難聴ですので聴こえる音量には問題ない場合があります。

混合難聴は伝音難聴と感音難聴を併発している難聴です。

原因は、主に老化現象によるものですが、生まれつきや、成人前でも起こります。騒音や交通用の多い地域、工場周辺や工場労働者など騒音が酷い環境でも起こります。精神的ストレスなどによって突然聞こえにくくなる場合もあります。浜崎あゆみさんが患った突発性難聴は原因不明のことが多いとされます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。